肌の美しい女性

無添加と違う

今では、老若男女問わず利用される化粧品ですが、近年では、完全無添加とうたう化粧品が多くあります。
特に、身体にやさしいイメージの無添加化粧品ですが、完全無添加と無添加の違いは成分にあります。
無添加化粧品は、日本で指定された肌トラブルを起こす可能性のある成分が合計で102種類存在しますが、それらを含まない化粧品が無添加化粧品と呼ばれます。
無添加化粧品の場合、無添加とはいえ、化粧品に表記指定の無い防腐剤や石油系保存料は含まれている場合があります。
それに対して完全無添加化粧品は、102種類の指定成分に加えて、香料や着色料、石油系保存料や界面活性剤なども含みません。
加えて、完全と言い切るくらいですので、無添加化粧品よりも厳しいチェックをおこなっており、全て天然成分であることが必要とされています。
完全無添加化粧品の場合は、一般的に肌トラブルを招きやすい成分や物質が含まれていないので子どもからお年寄りまで使えやすい化粧品といえます。

基本的に、完全無添加化粧品を選ぶ人は、あらゆるものにおいて成分にもこだわりがある人がほとんどです。
しかし、その中でも本当に安全性の高いものにこだわりたいのであれば、原料までチェックする必要があります。
完全無添加ではない商品には化学物質が利用されていますが、化学物質には天然成分が一切ないので、天然のものに入っている不純物もありません。
化学物質には不純物がないですが、化学成分はその最大の効果を肌に与えるため、特に肌の弱い人には効きすぎてしまうことがあるので、肌トラブルを招いてしまう可能性が高いのです。
このように、肌トラブルを起こしにくいため、化学物質が一切ない完全無添加化粧品は注目をあつめており、多くの人に利用されているといえます。

完全無添加化粧品に多いのが植物成分を配合した化粧品です。原料にもこだわるうえではこの植物成分の栽培方法もこだわる必要があります。
一般的に、それらの植物成分は有機栽培がほとんどですが、中には化学肥料や農薬を利用している場合もあります。
完全無添加でも、化学物質を利用して育てた植物を使用する場合もありますので、しっかりと植物の栽培方法まで確認することは非常に大切です。
完全無添加化粧品は、基本的に信頼度を高めるためにホームページなどで全てを公開しているところが多いので、安心して完全無添加を使うためには自分で確認してから利用することも頭にいれておくと良いです。

肌年齢に合ったもの

金髪の女

完全無添加化粧品とはいえ、肌年齢や自分の肌にあったものを選ばなければトラブルを引き起こしてしまいます。また、20代後半頃から肌も変化していくので、その年令に合った化粧品を選ぶことが大切です。

本当に完全無添加か

アイシャドー

実際に使う前に、ホームページで本当に完全無添加化粧品か調べる必要があります。特に化学成分が添加されてないかはもちろん、原料も天然のものにこだわっているのかをしっかりとチェックして使用することが大切です。

口コミサイトをみる

タオルと女

今では口コミサイトであらゆる情報をゲットすることができます。使いたい完全無添加化粧品がどの年代に使われていて、どんな効果があるのかをチェックすることで、商品情報だけでは得られない情報を得ることができます。